結婚指輪を購入する上で大切な知識と情報について

その利用

教会

一般的に、冠婚葬祭において最も華やかな催しは、結婚式になるのではないでしょうか。
結婚に至るまでには、一定のプロセスを経て行われますが、まずは婚約を結ぶと言うケースが主流を占めています。
この際に贈られるのが、婚約指輪になります。
これは、プロポーズの際に男性が女性に贈るリングになります。
ジュエリーやアクセサリーにあまり馴染みが無い方の場合、結婚指環と混同されてしまう話も時折耳にしますが、二つのリングを並べてみると、その違いは一目瞭然です。
エンゲージリングは、プラチナやゴールドのリングに、やや大きめの一粒の宝石が設えられています。
ビジュアル的にも華やかな点が、このリングの大きな特長として挙げることが出来ます。

これに対してマリッジリングは、宝石の無いシンプルなデザインのリングが主流となっています。
マリッジリングは、男女共に指にはめたままであるケースが多く、仕事や家事の邪魔にならないようにと言うことから、あまり凝ったデザインが施されていないとも言われています。
しかし最近では、マリッジリングにもデザイン性を求める人も増えてきています。
その為、宝飾店でもそのニーズに応えるデザインを発表し始めています。
具体的には、エンゲージリングよりは小粒な宝石がリング表面に埋め込まれてる、リングの形状が軽いウェーブ状となっている、などが代表的と言えます。
このようなリングの場合、エンゲージリングと兼ねて購入されることもあります。