結婚指輪を購入する上で大切な知識と情報について

カジュアルデザイン

ウエディングケーキ入刀

冠婚葬祭には、しきたりやマナーがそれぞれあるが、結婚式にもある。
まずは、出席者として呼ばれる場合には、通常は新郎新婦からの招待状が送られてくることになる。
新郎新婦としては、この招待状への返信から、会場の手配や準備を進めることになる。
そのため、1週間程度の間には出欠の返信を行うことがマナーとなる。
その際、御出席や御欠席など、御の文字を消して返送することがマナーとなる。
また、お金に関して、ご祝儀では友達や親戚関係、会社の部下や同僚など、それぞれの立場に応じた額を包むのが慣例となっている。
例えば、友達や同僚などでは3万円程度など相場がある。
金額は気持ちであるため、関係性などにより決めることになるが、ある程度の相場を考えて贈ることもマナーになる。

結婚式では、呼ばれた側としては招待状の返信や、ご祝儀、当日の服装やスピーチ内容などマナーとなることがあるが、視点を変えて呼ぶ側の新郎新婦側にもマナーがある。
まずは、招待状を送る場合は遅くても2ヶ月程度前など、早めに送ることがマナーとなる。
招待される側としても、スケジュールがあり急に呼ばれてもスケジュールが調整できなかったりする事もある。
そのため、早めに招待状を送り、余裕を持って返送してもらうよう配慮が必要となる。
また、お金に関しても例えば、遠方から出席してもらう人に対しては、宿泊費や交通費の半分程度は負担してあげることもマナーといえる。
また、友達などで受付や司会を行ってくれた人など、手伝ってもらった場合にも、多少の金額を渡すことも1つのマナーといえる。